ニュース

2010年5月18日 (火)

【記事つれづれ】日常に意欲と希望と支えあいを

ツイートと重なりますが、今朝の新聞は読ませてくれる記事がけっこうありました。


デザインとは本来、暮らしへの意欲をはぐくみ、欲望をエデュケートするものだ」。デフレが国民文化や経済の水準も下げていると原研哉さんが指摘しています(中国新聞文化面)。 画一化をやめ、風呂やキッチンなど自分が好きなものをどーんと中心に据えた家のリノベーションを提言。なかなかユニークです。


 「患者は絶望の中で希望を探している。一人の力は微力で希望の力は小さくても、たくさんあれば見つけやすい。そんな世の中にしたい」。 がん患者の闘病記を集めた情報誌「メッセンジャー」を発行する杉浦貴之さんの(朝日新聞)。私も闘病経験がありますから、日常では見えない闇の中で、支えあいがいかにありがたいことか、分かる気がします。


地方に軸足を置き、経費を抑え、質の高い舞台を-。地域のホールやオケ、オペラ団体が県境を越えて連携するケースに注目が集っています(朝日新聞文化面)。 それを生かすためにも、全体の方向性を見渡せるディレクターの存在が不可欠とも。広響もしかり。ADCのように、さまざまなクリエーターが地方を結べばユニークな「逸品」が生み出せるかも。


 「流行の先端をいくとか、すごいことをやろうとかの思いはない。もっとこうしたら使いやすいのに、と身の回りのものに突っ込みを入れる中でアイデアが生まれる」。無印良品の生活雑貨開発手がける嶋崎朝子さん(朝日新聞)。 そうなんですよね、日々のちょっとした気づきがヒントになる例でしょう。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2010年5月14日 (金)

【マツダスタジアム】とうとう15敗目…


また来てます、マツダスタジアム。
ラッキーセブン、お願い、頼むよ〜

横山打たれ、延長負け。いい試合だったけど。。
新球場、こ、これで1勝15敗、、、

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2005年9月 2日 (金)

今日の昼食

はお好み焼きでした。暑いのなんのって。汗ダクダク、口ハフハフでした。

| | コメント (1) | トラックバック (0)