« 【山田監督講演】「神戸ロケ 運命だった」 | トップページ | 【東京銭湯ぶらり湯めぐり】この風情をいつまでも »

2015年1月17日 (土)

【阪神・淡路大震災から20年】あたたかさを寅さん、ありがとう

10906297_870055703045006_7054418843


 「苦労したんだなあ、ねえ。ほんとにみなさん、ごくろうさまでした」

 阪神・淡路大震災からきょう、20年になります。映画「男はつらいよ」シリーズ最終となった第48作「寅次郎 紅の花」の公開も1995年でした。神戸でロケが行われ、病床の身を押して寅さんを演じた渥美清さんは翌年、亡くなっています。

 長田区の菅原市場でのラストシーン。寅さんが新年の挨拶とともに被災した人たちに掛けた言葉が、この「苦労したんだなあ…」でした。そしてこれが渥美さん演じる寅さん最後のセリフになりました。

 神戸大在学中に亡くなった、広島市出身の加藤貴光くんの手紙「親愛なる母上様」を何度か紹介してきました。「生きていればつらいことの方が多いもの。でもね、それはいつかきっと糧になるからね」。母りつこさんの励ましを思い出します。

 「男はつらいよ」は、そんな人たちにあたたかく寄り添い、明日への生きる支えを与えてくれる母のような映画だったんだなあと気づきました。

 命の重み、忘れない。生きる喜び、忘れない。神戸ではきょう、たくさんの命が灯火となって帰ってきています。

|

« 【山田監督講演】「神戸ロケ 運命だった」 | トップページ | 【東京銭湯ぶらり湯めぐり】この風情をいつまでも »

日記・コラム・つぶやき」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« 【山田監督講演】「神戸ロケ 運命だった」 | トップページ | 【東京銭湯ぶらり湯めぐり】この風情をいつまでも »