« 2014年11月 | トップページ | 2015年3月 »

2015年1月

2015年1月17日 (土)

【阪神・淡路大震災から20年】あたたかさを寅さん、ありがとう

10906297_870055703045006_7054418843


 「苦労したんだなあ、ねえ。ほんとにみなさん、ごくろうさまでした」

 阪神・淡路大震災からきょう、20年になります。映画「男はつらいよ」シリーズ最終となった第48作「寅次郎 紅の花」の公開も1995年でした。神戸でロケが行われ、病床の身を押して寅さんを演じた渥美清さんは翌年、亡くなっています。

 長田区の菅原市場でのラストシーン。寅さんが新年の挨拶とともに被災した人たちに掛けた言葉が、この「苦労したんだなあ…」でした。そしてこれが渥美さん演じる寅さん最後のセリフになりました。

 神戸大在学中に亡くなった、広島市出身の加藤貴光くんの手紙「親愛なる母上様」を何度か紹介してきました。「生きていればつらいことの方が多いもの。でもね、それはいつかきっと糧になるからね」。母りつこさんの励ましを思い出します。

 「男はつらいよ」は、そんな人たちにあたたかく寄り添い、明日への生きる支えを与えてくれる母のような映画だったんだなあと気づきました。

 命の重み、忘れない。生きる喜び、忘れない。神戸ではきょう、たくさんの命が灯火となって帰ってきています。

| | コメント (0)

2015年1月15日 (木)

【山田監督講演】「神戸ロケ 運命だった」

10941820_869840836399826_7338821555


 寅さんが柴又に帰ってきます。大慌てのおいちゃんやおばちゃん。嬉しそうな桜。そしていつもの大騒動…。

 スクリーンに映された「男はつらいよ」の名場面に観客は大笑い。往時の映画館にいるかのようです。ああ、これが寅さんの魅力なんだ、としみじみ。震災20年を迎える神戸「市民のつどい」で山田洋次監督の講演があり、10分ほどの総集編が流れました。

10488030_869840793066497_2239158113

1511042_869840816399828_28885566136


 最終48作「紅の花」は被災直後の神戸でもロケが行われ、ラストシーンは長田区で撮影されました。「運命を感じた」と山田監督は話し、「あのとき必要だったのは笑いと元気でした」と誘致メンバーの方たちも振り返っていました。

 「人情味ある顔見知りの地域社会や町並み、そして家族の形が日本各地からどんどん消えている」。山田監督は長田区の人たちのあたたかいもてなしを思い起こしていました。

  「亡くなった方の分も毎日を大切に生きていこう」。西灘小の子どもたちの合唱「しあわせ運べるように」を会場のみなで歌い上げます。

 悲しみを分かち合い、心の支えを見つけられる街でありたい―。そんな想いをともにする時間になりました。そう、寅さんと一緒に。

| | コメント (0)

2015年1月 5日 (月)

【2015年】風の吹くまま 気の向くまま…

10300502_865119840205259_5261900353


今までどうしてたかって?
なあに 恋をしてたのよ

これからどうするかって?
そうさなあ 
風の吹くまま 気の向くまま
俺は旅人だからなあ


 ◆

寅さんのようにふらり湯らり。
お湯に街に自然に人に…。
たくさん「恋」をしましょう。

今年もみなさま、どうぞよろしくお願いします。

※背景は、男はつらいよ第30作「花も嵐も寅次郎」の舞台となった大分県湯平駅「寅さん思い出の待合所」です。

| | コメント (0)

« 2014年11月 | トップページ | 2015年3月 »