« 【おふろ学校記念講演】温泉の豊かさ 人にも自然にも | トップページ | 【"いま"を伝える】ガイドに心を砕く いわき湯本・里見さん »

2014年8月 6日 (水)

【69年目の8・6】心を動かそう

10431447_781990681851509_40801000_5

 戦争は、人間にひとかけらの喜びも与えません。大きな悲しみを与えるだけです。

 このポスターは、美しいたくさんの蝶が燃えながら落下するという幻想的な情景が表現されています。美しいものが燃えながら消滅してしまうという悲愴感が、リアルな描写よりもむしろ、原爆の恐怖感を生むと思いました。

 平和ポスターには、ひとひらの詩情とひとすじのドラマがなければなりません。

 それにはデザイナーがやむにやまれぬ平和への情熱を燃やすことです。情熱を燃やすことで、ほんとうに人びとの心を動かすポスターがつくれると、私は信じています。

  ◆

 HIROSHIMA APPEARLSポスター「燃え落ちる蝶」を初めて1983年に制作したグラフィックデザイナー故・亀倉雄策さん。焼け野原の残る東京で、原爆投下のあの日をよく覚えている、と記録に残しています。

 心から願い、心を動かす。「むごいこと」を少しでも減らしていくために、できることはきっとある。雲が切れた8月6日の夜空へ問い掛けています。

|

« 【おふろ学校記念講演】温泉の豊かさ 人にも自然にも | トップページ | 【"いま"を伝える】ガイドに心を砕く いわき湯本・里見さん »

◆ Hiroshima Life ◆」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« 【おふろ学校記念講演】温泉の豊かさ 人にも自然にも | トップページ | 【"いま"を伝える】ガイドに心を砕く いわき湯本・里見さん »