« 2014年6月 | トップページ | 2014年8月 »

2014年7月

2014年7月25日 (金)

【おふろ学校記念講演】温泉の豊かさ 人にも自然にも

10543655_775542915829619_5502584588

 温泉は人のココロを解(ほぐ)してくれ、新しい出会いを導いてくれる。語りつくせない多面的な魅力が「温泉」にはあるのだと思う—。

 初講演となった関西在住の温泉仲間、YOOMIさんこと金裕美さん。締めのこのメッセージに、「温泉のあったかさとは」が凝縮されているように思えました。

 温浴に携わる事業者さんらでつくる「おふろ学校」(同NPO運営)の第10回記念講演会が大阪市で23日、ありました。


>郡司さんら3人がゲスト講師

 3人の講師がゲストで、注目は温泉チャンピオンで知られる郡司勇さん。「お湯の新鮮さはとても大事。湯めぐりをするときは、色や味、臭いを確かめながら入ると、楽しい入浴ができます」と話しながら、別府、草津、万座に始まり、「泉質の良さ」「色の美しさ」「かわりダネ」など日本の名湯50選を紹介してくれました。

 温浴事業の監修などを手掛ける望月義尚さんは、今後の業界の行方を「温泉は純化し、サウナは進化していく。健康寿命支える使命も注目され、それぞれの施設は環境を生かし、強みを伸ばす取り組みを」と強調していました。


>豊かな日本の温泉 数々を披露

 郡司さんが披露してくれた各地の個性ある湯や雰囲気を残した和風旅館の数々。金さんがエピソードを交えながら楽しく振り返ってくれた大自然の中の野湯や組合泉などの湯めぐり、そして地域の人たちとの交流の数々。日本の温泉やそれを巡る文化がいかに豊かなものであるか、教えられました。

 クイズで面白かったのは、自宅の入浴。郡司さん、金さんは「特別なことはせず、普通に入浴しています」。望月さんは「温感を鍛えたり、『実験の場』にしています」と笑いを誘っていました。

 温泉は自然とだけでなく、人との触れ合いでもある。そんなことを思い起こす機会にもなりました。

| | コメント (0)

2014年7月15日 (火)

【原鶴温泉】嬉し楽し、ハダツルタマゴ湯たち。

 人も湯も、個性があるからきっと面白い。アルカリとふわり硫黄の恵み。原鶴温泉あらため、「ハダツル」温泉記―。


◆やぐるま荘◆

 10007062_770033409713903_75755988_2

 ガラガラガラッ。

 「おーっ!!」

 体育館のような、巨大温室のような。名物大岩ぶろにあふれる弱アルの優しい湯にほっとします。アツメの岩湯に注がれる源泉からは、タマゴの匂いがふわっと。含めば、かすかな甘味とまろやかさにゴクゴクいけそう。ヌルメ岩湯や露天でまったりもできます。

 敷地から沸いたまま。入ってよし、飲んでよし、見てよし。九州初の温泉ソムリエセミナー開催場所でもあるやぐるま荘さん。女湯の方がさらに広いなんて!


◆愛泉一◆

10552493_771063556277555_5076505828

10410665_771063629610881_9121515173

 澄みきった「ぬる」「ヌル」湯。共同湯ふうのタイル造りも癒やしエナジーたっぷり。これはやめられません。手前の狭い湯船は「上がり湯」。おばちゃんの丁寧な案内にファンはきっとご満悦間違いなし。


◆延命館◆

10534717_771063522944225_5950549712

10472739_771063499610894_8404004562

 微細な気泡がこれでもか、と気持ちいいほど。しかもぬるめのツルり湯。筑後川からそよぐ風を受けながら露天でマッタリ、いいですねえ。


◆旅館喜仙◆

10477389_771063552944222_1379824785

10527285_771063562944221_2196813444

 ジャバジャバ湯があふれる様はお見事!pH9を超せばヌルり具合はもう格別。もわもわサウナ状態で湯の恵み、全身でいただきます。


◆ビューホテル平成◆

10534117_771063569610887_7614761851

10526033_771063542944223_5761527971

 おやっ、なんと土類の恵みが原鶴にあるとは。析出物に思わずニンマリ。入ってサッパリ、眺めもアッパレ。


◆泰泉閣◆

10517475_771063566277554_8526289197

10487351_771063622944215_6702320811

 ジャングルなど趣向あるお風呂がいっぱい。表示の分かりやすさ、これはお見事!家族連れでもツルり感ある湯にのびのーび入れます。 


-----------------------------------------------

 それぞれ自家源泉を持ち、カランも温泉、が多かったのもポイントでした。博多からちょいっと1時間と少し。ソムリエつながり、旅館協同組合事務局の庄崎さんご案内に感謝です。

http://www.harazuru.jp/

| | コメント (0)

2014年7月14日 (月)

【K-ADCアワード】心動かすクリエイティブたち

10456429_769588723091705_3794943702


 作品一つ一つにドラマがあります、九州の「仕事」には。CMやポスター、パッケージなど、人の心を動かすクリエイティブにワクワクしっぱなしでした。副田高行さんらを迎えて12日、福岡市で行われたK-ADC(九州アートディレクターズクラブ)アワード。

 グランプリは、フンドーキン醤油の料理の楽しさを紡いだCM。へたっぴな包丁さばき。フライパンから火が出てたまげた様子。せっかくこねたお肉が床にポロリ…。

 でも、そこには料理を手掛ける笑顔があふれています。「失敗しよう。」と結び、ファン・トゥ・クック、フンドーキン、と締めます。


10463877_769588746425036_3797987220

 準グランプリは、長崎の羽山潤一さんのたかしま農園フルーティトマトの一連のブランディング。羽山さんは部門賞も他2つ受賞し、注目を集めていました。


10346534_769588866425024_3440776375


 ディーライト石田さんもロゴ部門と会員審査賞に輝き、広島でも紙面上で見かけるシャボン玉石けんの新聞広告で電通伊藤さんが部門賞に。


10527676_769588933091684_2562609084

1044759_769588806425030_17743296358

10494800_769588896425021_7628562456

10406822_769588999758344_7720621030


 くまモンのほっぺはどこへ?やウルトラマンシリーズをひねったハワイ観光PRなど楽しい作品がいっぱい。

 「九州から素晴らしいデザインや映像を発信し、いつか世界から戦争がなくせたら」。素敵な受賞コメントもありました。


10352988_769588763091701_4033595881

 年に一度のクリエーターのお祭り。ビジュアルコミュニケーションの「競り」は終わり、まだまだきっと長い「宴」が続きます。

| | コメント (0)

« 2014年6月 | トップページ | 2014年8月 »