« 2014年3月 | トップページ | 2014年5月 »

2014年4月

2014年4月29日 (火)

【茅原湯谷の霊水】北広島町の山間に「湯治場」の名残

10313433_727847557265822_7568217648

 江戸時代から終戦後まで続いた湯治場が広島にもあったとは。北広島町の山あいにひっそりと湧き出る名水で知られる「茅原(かやはら)湯谷の霊水」。


1609754_727847580599153_41300791365

男湯女湯のほか薬湯の3つの風呂釜があり、二階建ての宿泊施設は多くの人でにぎわった、と説明板にありました。


1012586_727847597265818_41109153272

1622221_727847613932483_67632427047

 2キロ先には廃校になった小学校を再利用した田原温泉があります。内湯のほか露天も備え、休憩所は昔の体育館そのまま。神楽や地域イベントなどでもにぎわいます。

 広島は花崗岩の地質から、冷鉱泉がほとんどです。小学校の敷地から掘り出した田原温泉の源泉は、アルカリ性の単純放射能冷鉱泉。300年以上もの歴史があったと伝えられる「茅原湯谷温泉」。成分もこれにきっと近かったのかもしれません。

 <田原温泉>
  泉質:単純放射能冷鉱泉(低張性アルカリ性冷鉱泉) 
  泉温:18度  
  Ph:8.7
  ラドン含有量:58マッヘ単位/kg
  成分総計:0.11g/kg
  湧出量:72L/分(動力揚水)


| | コメント (0)

2014年4月16日 (水)

【6th HADCグランプリ】デザインに想いを込め

10156011_720473631336548_8363714371


 「松(まず)ハ、広島ノデザインヲ見テクダ栽(さい)。」

 椅子のデザインに盆栽の意匠を生かし、第6回広島ADC公開審査会グランプリに輝いたペンギングラフィックス中村和人さん。アイデア光る審査結果紙面ができました。

 最終審査で審査員票が分かれたのも、多様性の表れでしょう。一つひとつのデザインに「想い」がこもっています。

 佐藤晃一さん、澁谷克彦さんら一線のアートディレクターが臨んだ、広島ADC第6回公開審査会。あの興奮が甦ります。けさの中国新聞から。


| | コメント (0)

2014年4月 3日 (木)

【春の島根・雲南市】上品で優しい桜たち

U002


2014年4月2日撮影。斐伊川堤防の2キロだけでなく、それから下った川沿いのいたるところに圧巻の桜たちが待ってくれていました。晴天を喜ぶかのような白い妖精たちを独り占めにできるなんて。

U031


雲南はまさに桜の町でした。樹木医さんや町の人たちが大切に育ててきたからこそ、この美景があります。

U091b


菅谷たたらの燃えるようなカツラの木もちょうど見ごろに。昨年秋の奥出雲の大イチョウとともに、素晴らしい季節を味わえました。

U041

U071

U011


| | コメント (0)

« 2014年3月 | トップページ | 2014年5月 »